HOME > エンタメニュース > 異色大河『あまちゃん』ファン歓喜

エンタメニュース

異色大河『あまちゃん』ファン歓喜

 NHKの大河ドラマ『いだてん~東京オリムピック噺(ばなし)~』初回放送パブリックビューイング(PV)が6日、岩手県久慈市の久慈市文化会館 アンバーホールで行われ、約600人の観客で大盛況だった。久慈市といえば、2013年前期連続テレビ小説『あまちゃん』のロケ地として有名。『いだてん』は、『あまちゃん』と同じ宮藤官九郎が脚本を担当しており、PVのトークゲストが『あまちゃん』にヒロインの親友・ユイ役で出演した橋本愛とあって、東京、横浜、千葉、名古屋、大阪など…、県外からも『あまちゃん』ファンが多数来場して賑わった。

【写真】初回放送は青森・八戸で見届けた中村勘九郎

 今回の大河ドラマは、宮藤のほか、音楽・大友良英、チーフ演出・井上剛氏、製作統括・訓覇圭氏と、『あまちゃん』フタッフが再集結。“日本で初めてオリンピックに参加した男”金栗四三(中村勘九郎)と、“日本にオリンピックを呼んだ男”田畑政治(阿部サダヲ)を主人公に、初めてオリンピックに参加した1912年ストックホルム大会から1964年東京五輪まで、近代日本スポーツの創世記を稀代の落語家・古今亭志ん生(ビートたけし)の半生とともに語っていく。

 東京都東村山市の男性は「テンポが早くてついていけるか、不安になったけど、訓覇さんの説明を聞いて、続きを見たいと思う。こんなにテンションの高いドラマってない。いままでの大河ドラマと違うな、と感じて新鮮でした」と感想を話した。

 「訓覇さんの説明」とは、橋本とともに登壇したトークショーで、制作統括の訓覇氏が話していたこと。「テンポが早くて、ついていくのが大変だったかもしれないんですが、この第1回をよく覚えておいてください。第2回から“日本で初めてオリンピックに参加した男”金栗四三(中村勘九郎)さんの物語がはじまって、第1回のラスト、雨の中のレースに第5回で追いついていきます。第1回は最終回の前振りにもなっている。非常に宮藤さんらしい構成になっています」。

 第1回から『あまちゃん』ぽさを感じて、今後に期待する声も聞いた。あま絵作家の青木俊直氏はトークゲストの橋本が『いだてん』で演じる、明治時代の浅草の遊女、小梅の見た目が「ヤンキー・ユイちゃんが明治時代にタイムスリップした感じ」と大喜び。ビートたけし演じる古今亭志ん生の家の玄関で、神木隆之介と川栄李奈が土下座するところも、「『あまちゃん』で大吉さん(杉本哲太)とあんべちゃん(片桐はいり)が春子さん(小泉今日子)に『海女になってけろ』と土下座したシーンを思い出した。綾瀬はるかさんが、機関車の横をチャリンコで並走するシーンもよくあるシーンかもしれないが、ニヤニヤしてしまう」。

 同じくあま絵作家のやす氏も「天狗倶楽部のTNGが、GMTに見えてしまった(笑)。TNGという呼称が史実なのだとしたら、GMTのような名称が出てくる題材を引き当てるのは奇跡だし、宮藤さんは結構そういうミラクルを引き込むことがある。三島弥彦(生田斗真)がフライをキャッチしようとして、将棋倒しのようになったシーンも『あまちゃん』の北三陸鉄道リアス線の運転再開セレモニー時を思い出させる。今後も期待したい」と話していた。

 ちなみに、天狗倶楽部のユニフォームの「TNG」ワッペンは、「本当にあったデザイン。当時から言葉を省略してローマ字で表す文化があったんですね!」と番組公式ツイッターが解説している。

 久慈の会場には、三船十段記念館の柔道場で稽古する道場生(小学生)たちの姿も。「オリンピックに参加するのに、あんなに苦労していたとは思わなかった」「オリンピックの歴史を作ってすごいと思う」「嘉納治五郎さんは柔道以外のことでもすごい人だったんだ、と初めて知った」「第5回になると、第1回に追いつくと言ってたから、それを楽しみにして観たいです」などと、意外と知らないオリンピックの歴史が興味深かった様子。ちなみに、三船十段こと三船久蔵は、久慈市出身の柔道家で、嘉納治五郎(役所広司)が創設した講道館柔道の最高位・十段にまで上り詰めた人物。嘉納の遺志を継いで、柔道の海外普及に尽力し、1964年東京オリンピックの成功にも大きく寄与した。

(提供:オリコン)


『あまちゃん』ロケ地の久慈市に、大河ドラマ『いだてん』役所広司演じる嘉納治五郎の遺志を継いで柔道の海外普及にも尽力した三船十段記念館が! 稽古に励んでいる道場生たちの一部がPV会場にも来ていた (C)ORICON NewS inc.


関連記事

【いだてん】橋本愛、『あまちゃん』ロケ地・久慈に凱旋 訓覇P「成長したね」
橋本愛・成田凌、10年前の秘蔵写真を公開「今ここにいるのが不思議」
【注目映画3選】佐藤健&高橋一生初共演、橋本愛、成田凌らが紡ぐ群像劇、佐野玲於と吉田羊が親子に
中村勘九郎、藤原竜也の冠番組にゲスト出演 東京の空にUFOを呼ぶ
橋本愛、映画『オズランド』出演 地元・熊本の遊園地が舞台