HOME > エンタメニュース > 橋本愛『あまちゃん』ロケ地に凱旋

エンタメニュース

橋本愛『あまちゃん』ロケ地に凱旋

 女優の橋本愛が6日、岩手県久慈市内で行われたNHK大河ドラマ『いだてん~東京オリムピック噺(ばなし)~』(6日スタート、毎週日曜 後8:00 総合ほか)の初回パブリックビューイング後のトークイベントに出席した。同市を訪れるのは、2013年前期連続テレビ小説『あまちゃん』の撮影以来で、約5年ぶり。約600人の観客の大歓声に迎えられて、「以前、お世話になった土地なので、同じメンバーで作った作品でまた来ることができて、ご縁を感じました」と話していた。

【場面写真】怒とうの第1回主な出演者

 今回の大河ドラマは、脚本・宮藤官九郎、音楽・大友良英、チーフ演出・井上剛氏、製作統括・訓覇圭氏と、『あまちゃん』フタッフが再集結。。“日本で初めてオリンピックに参加した男”金栗四三(中村勘九郎)と、“日本にオリンピックを呼んだ男”田畑政治(阿部サダヲ)を主人公に、初めてオリンピックに参加した1912年ストックホルム大会から1964年東京五輪まで、近代日本スポーツの創世記を稀代の落語家・古今亭志ん生(ビートたけし)の半生とともに語っていく。

 橋本は、同日、青森県八戸市で行われたトークイベントとのダブルヘッダー。八戸では中村がかけていた黄色のたすきを、橋本が引き継いで久慈にやってきた。「責任重大ですよね。この作品の一ファンとして、自分が知っている作品の魅力を皆さんに伝える使者になれたら」と、自分のことばで作品について語るその姿に、同席していた訓覇氏が「成長しましたよね」としみじみつぶやく場面もあった。

 本作で橋本が演じるのは、明治時代の東京名所“浅草十二階”を根城に客を引く遊女、小梅。「宮藤さんのオリジナルキャラクターなので、何をやっても大丈夫。やれるだけのことをやって楽しく終わりたい」と意気込みも。

 見どころとして力説していたのは、「俳優さんたちのかわいらしさ。全員かわいくて、チャーミング。宮藤さんのキャラクターへの愛情、キャストへの愛情、この作品への愛情を感じて、キューンする。これからどんどん出てくるので1年間、悶えながら、愛でていただけたら」とアピールしていた。

(提供:オリコン)


「いだてん」トークリレー in 岩手県久慈市に参加したと橋本愛(中央)、製作統括の訓覇圭氏(左)、手嶌真吾アナウンサー (C)NHK


関連記事

橋本愛・成田凌、10年前の秘蔵写真を公開「今ここにいるのが不思議」
【注目映画3選】佐藤健&高橋一生初共演、橋本愛、成田凌らが紡ぐ群像劇、佐野玲於と吉田羊が親子に
中村勘九郎、藤原竜也の冠番組にゲスト出演 東京の空にUFOを呼ぶ
橋本愛、映画『オズランド』出演 地元・熊本の遊園地が舞台
【いだてん】中村勘九郎×阿部サダヲ 大河ドラマ主役インタビュー